【ストレスを溜め込まない】仕事は仕事。オーストラリアでの割り切った働き方。 - よし記


【ストレスを溜め込まない】仕事は仕事。オーストラリアでの割り切った働き方。

どうも、よしきです。

皆さんは今

社会人ですか?

学生ですか?

ニートですか?

働かれている方は

仕事は楽しいですか?

職場は働きやすいですか?

ストレス溜め込んでませんか?

ワーホリでオーストラリア滞在中の僕が

オーストラリアでの仕事を通して感じた

日本オーストラリア

での働き方の違いにて書きたいと思います。

僕は今ワーキングホリデー(通称ワーホリ)で

オーストラリアに来て1年半が経ちました。

ワーキングホリデーって?という方はこちらをご覧下さい。

どうも、ワーホリでオーストラリアに滞在中のよしきです。 僕のブログではワーホリについて書く事が これから...

簡単にいうと、働けてお金を稼ぎながら旅行も楽しめるというビザの事です。

国にもよりますが、基本的には30歳以下の方が1年(若しくわ2年)の

ビザを取得出来ます。

そのワーホリでオーストラリアにいる訳ですが、僕は大きく分けて3つの仕事をしました。

ワーホリにしては、1つの仕事を比較的長くしている方だと思います。

その3つとは、

・バナナファーム(農園)

・コンストラクション(解体業)

・ジャパニーズレストラン(焼き鳥屋)

の3つです。

仕事内容や給料などはまた別記事で触れようと思いますが、

僕はこれらの仕事を通じて感じた事があります。

それは、、、

日本とオーストラリアの仕事は違う!!

どんなに?!!!!!

いや違う所はいっぱいあるんですが、オーストラリアの人達は

仕事は仕事で割り切って、プライベートを楽しんでる感がもの凄く強い!

基本的には残業はしません。

職種にもよると思いますが、就業時間に仕事が残ってても

秒で帰ります。全部明日に残して。

しかも仕事終わってからの家に帰るまでのスピードの早さたるや。

17:00終業なら17:10には誰もその場にいません。

終わって休憩室でダラダラ喋ったりしません。

当たり前ですが仮に残業してもその分はきっちりもらいます。

仕事が嫌なら嫌と言うし、辞めたければ辞めるし。

人間関係もあっさりしてます。

でも仲がいい人はめっちゃ仲も良い。

日本で最近特に話題になっている過労死や過労自殺ってのも圧倒的に

少ないはずです(具体的な数字はまたいつか調べますw)。

日本も少しでも働き方がオーストラリアやその他諸国のように

改善されて楽にいいなって思います。

楽なのがいいとは限りませんが、みんながもっと自由に発言出来て

もっと自分のやりたい事にチャレンジしていける環境がいいなって。

もし今日本で働いていて、働きにくさを感じていたり

苦しい思いをしている方がいれば、

海外での仕事や日本で出来る

外資系の仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

では。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でよしきをフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする